日々思うこと

パリ在住の研究者です。日々ふと考えたことを書き連ねて参ります。

日本人向けの「ビジネス英語」フォーマット

ウェブで「XXX(何かの言い回し) 英語で」などと入れて検索すると,ビジネスの場などで使うさまざまな言い回しを英語で何と言う(書く)か,といったフレーズ集,フォーマット集のようなサイトがよく出てくるが・・。明らかな文法上のミスはないにしても,かなりの割合であまりこなれた英語ではない表現が載っている気がする。

キュレーションサイト問題ではないが,特に外国語というのはわからないと真偽の確かめようがないし,なんか嘘くさいなといった勘も働きにくい。しかも,おそらくそのままコピー&ペーストして固有名詞や一部表現を修正するだけという使い方をしている人が多いと思われるだけに,間違いや不確かな記述があると実は深刻な影響がある。本人が知らぬうちに恥をかいているという意味で。

そこそこ英語ができる人,願わくば日本語もわかるネイティブがちゃんとチェックして,確かな英語で書かれているものとそうでないものの仕分け・格付け的なものがなされればいいのだが,今のところあまり目にしない。自分自身もネイティブ並みとは到底言えない英語力なので,手に余る仕事なのだが・・誰かやってくれないだろうか。